トピックス
10/29「サントリーホール」で

10月29日、またしてもガイアのシンクロニシティーがなし得るコラボレーションが起こりました。
開演の時を待つまだ誰もいないサントリーホールの舞台で、その音は静かに奏でられました。
完成したばかりの中澤さんの津波チェロを、ちょうど来日公演中のヨーヨー・マさんが手にとったのです。
これが津波チェロにとっての、まさにファーストサウンドになりました。
この時まで、誰がこんな事を予期したでしょう?
出会うべくして出会ったコラボレーションなのかも知れません。
この日はちょうど公演最終日、
最後のアンコール曲は、急遽ヨーヨー・マさんの希望でこの津波チェロで奏でられました。

パブロ・カザルスの「鳥の歌」

この演奏に込められたシンクロ二シティーの音色は、これからも多くの人の心に響いていく事でしょう。
(津波ヴァイオリンに関してはコチラ

※番 外
予期せぬ事が起こってしまったこの日、赤平カメラマンは大阪で撮影をしていました。ダメ元で電話をした所、なんとすぐに新幹線に飛び乗り、アンコール直前にサントリーホールまで駆けつけてくれました!
わずか5分ほどの撮影でしたが、「鳥の歌」に込められた何かが、ガイア8番の中にも新たな生命を吹き込んでいく様でした。

コメントは利用できません。