トピックス
10/26気仙沼・その4

10月26日、それは午前2時ごろの事だったでしょうか…

寝床の底から突き上げる様な大きな力が、何十秒もの間続いた様な感じがしました。

実際にはどれ程の時間だったのか定かではありませんが、そんな事を思い起こす暇もなく、窓の外からサイレンが聞こえてきました。

我々が宿泊していた宿は、気仙沼港のすぐそばだったので、あのテレビで何度も聞いた憶えのあるサイレン音が、けたたましく鳴り響いているのです。何か大きくてふわふわした不安定な中に、我々は立たされている、そんな感じが襲ってきました。

テレビでは緊急ニュースが流れ、各地の津波予想を知らせています。

幸い大きな被害はなかったものの、久方ぶりの余震の大きさに、我々同様現地の方々も驚きをもたれたと思います。

外を見ると、台風の時化のため港に戻っていた鰹漁船たちが整然と並んだまま、波の力で木の葉のように上下に揺れていました。

大祭撮影に向かう未明の出来事でした。

コメントは利用できません。