トピックス
【撮影日誌】 4/20 撮影開始から気仙沼ロケまで 

2年前の2012年5月21日の金環日食のとき、

監督は太陽の活動が気になっており先ずは撮っておこうと、

奈良吉野の天河神社と大都会東京中野のビル屋上より 

それぞれの金環日食を撮影しました。 

その後、監督は東日本震災後の「真の復活とは?」と思う中で 

「第八番」ではその「真の復活」、「魂の甦り」を問うことを決意し、

1年後の5月26日に明治神宮・参集殿にて「第八番」制作宣言を行いました。

そして2年に亘る第八番の撮影もいよいよ大詰めとなりました。 

今回の撮影は気仙沼で「春の甦り」がテーマです。 

1)せせらぎ公園(大川べり)  

桜の開花が東京より2・3週間遅く、 

ちょうど今回満開のタイミングとなりました。 

この撮影器具(手動クレーンとでも言うのでしょうか)で 

上下左右スムーズに動き回っていました。 

モニターを覗いてはいませんが 
 
気持ちのいい桜と川のせせらぎを想像します。 

 

 2) 神山川べりの桜並木

カメラの先は土手の両サイドに桜並木があり、 

まさに桜のトンネルでした。(お楽しみに) 

撮影スタッフは前日にロケハンしているので、カメラ位置など 

手早いセッティングですぐにカメラが回ります。 

しかし、少しでもモタモタするとピリッとした言葉が飛んできます。 

淡い桜の下ながら緊張の撮影でした。  

(第八番担当プロデューサー恩田映三) 

コメントは利用できません。