トピックス
【撮影日誌】4/20 畠山さんとあずさ丸 

3)西舞根(にしもうね) < 畠山さんのカキ養殖場 > 

  

監督:今回の春の甦りの撮影を終えると編集に入るんです。  

畠山:編集が大変なんですよね? 

監督:80時間ぐらい撮影したものを観ながら2時間に構成するのです。 

   最近やっと音楽が聞こえてくるようになってきたので

   まさに編集スタートかなと思っています。 

畠山:風が少し弱まってきたのでそろそろ、 

   あずさ丸(和船)で海へ出ますか。 

4)あずさ丸船上の畠山さんと孫たち 

 

畠山さんは孫たちに何故「あずさ丸」と言う名前か分かるかな? 

この櫓がね、「あずさ」と言う木で作られているからだよ。 

そんな話から櫓の漕ぎ方の説明になり、先ずは年上の子が漕ぎ始めました。 

船上で揺られながらカメラを回すスタッフを、

私も足場が不安定ながら何とか写真に収めました。 

  (第八番担当プロデューサー恩田映三) 

コメントは利用できません。