トピックス
【撮影日誌】いよいよ「第八番」の編集が始まりました。

編集室のレイアウトやモニター、編集機など、

準備に手間取ってしまいましたが、素材も一通り揃って、

ようやく監督にも編集機に触れてもらえるようになりました。

まず最初に「阿古父尉(あこぶじょう)」の能面が復活していくパートから、

編集が始まりました。

いままで撮影してきた素材を、

丁寧に見直し、じっくりと吟味しながら、

その場面に合いそうな最良の映像を取り出していきます。

作品がどのような流れに仕上がっていくかは、

編集をしていく中で徐々に見えてくるので、

ピックアップした映像を何度も見たり、

映像のバックに別のシーンの音を流してみたり、

編集中に音楽を流したりして、試行錯誤を繰り返しています。

その中でも最初に編集を始めたところ、

作品の冒頭になるかもしれないという場面で、

映像がズームしていく長さと、監督の選んだ音楽の長さが、

奇跡的にピッタリと合うということがありました。

これから始まる編集の何かの前触れではなかろうか?

編集をやっているとこういうことが起こってくる、

と、監督もその出来事にとても喜んでいました。

監督は編集をしていると、

時間が過ぎるのも忘れてしまうほど集中しています。

全体の構造から、それぞれの映像の意味、出演者の言葉、

音楽のことなど含めて、たくさんのことをイメージしているようです。

まだ始まったばかりですが、つないでいく映像がどう変わっていくのか、

楽しみにしていてください。

(助監督 池田剛)

コメントは利用できません。