トピックス
【事務所だより】 ヨガ・セミナーでの監督@ゆの里

 

監督の体の調整法のひとつに週に数回の(スケジュールが許す限り) 

ジムでのヨガがあります。忙しくてしばらく行っていないと 

体のバランスがてきめんに悪くなる、との事で 

「身体感覚」を大事にする監督にとっては欠かせない身体ケア。 

そんな監督が数時間でなく、数日間も身体ケアに集中できるので 

楽しみにしている龍村修先生のヨガセミナーに先月、

講師として参加して来ました。 

セミナー場所となった紀伊半島の「ゆの里」は 

監督のお気に入りの場所です。

始まりの自己紹介部分では例の背骨骨折の話が出、 

そこでもう一人、講師として参加されてた

ペインクリニックの西本先生がレントゲン写真を見て 

「もしこの圧迫骨折した場所が第二腰椎でなく、もう少し上だったら 

大変だった、ここには馬尾があって~・・、」 等々、

お医者様ならではの説明をして下さいました。専門用語が時々混じる中、

「これで動いてたなんて凄い事ですよ!」という部分は 

よくわかりました。(笑 

皆がヨガ講習を受けるかたわらで監督は温熱セラピー&指ヨガの講師の方より 

じっくりマンツーマン施術を受け、とってもリラックス~した模様。 

参加者には地球交響曲のファンだという方も多く、 

監督講話の時間では現在進行中の編集作業の裏話、

そして参加者だけが知っているスペシャル・サプライズもあり、

入浴終了時間前ギリギリまで大盛り上がりでした。

最終日は修先生より瞑想についての講話があり、

声を出す事とお経の関係やヒーリングや生き方にまで及ぼす影響など、

そしてオン・マニ・ペネ・フム(観音菩薩の御真言)や 

他の音源と共に瞑想の実践。

第七番で使用された吉野大地さんの曲を使った瞑想時に 

涙を流してらっしゃる方もいらっしゃいました。

(地球交響曲については全く初めての方)

 
 

* 監督 龍村修先生 神園愛子先生(指ヨガマスター) *

最後に皆の感想をシェアする時に監督は 

佐藤初女さんが菊の花を料理する時の「透明になる瞬間」の事から

監督が感じた瞑想とのつながりについて話していました。 

 

高野山を臨むテラスで第八番用のナレーションを書く監督、

久しぶりにゆっくりと温泉につかり、癒されて

第八番編集に戻る気合い充分?! 

(制作デスク:石亀) 

コメントは利用できません。