トピックス
 【事務所だより】 8/29 監督友人エマートさんのこと 

 

今回の第八番コンセプトの英訳を担当して下さった

リチャード・エマートさんをご紹介します。

the 能 com 「能を支える人びと」

日本文化を学びに来日後、幽玄の能の世界の魅力に捉えられて

2年間滞在の予定が40年以上に、という、

日本文化の奥深さをもしかしたら日本人以上にご存知で

第八番英訳にはまさにこの方!・・というプロフィールをお持ちですが、

監督的にはどんな人なのか、聞いてみたところ、

「 真夏のプールで頭ごっつんこした男 」


かつて神宮外苑に正式名称「神宮水泳場」という

監督お気に入りの屋外プールがあったそうです。(2003年閉場)

冬はスケート場になるという、いつも空いていて

穴場的なそのプール、泳いだあとは屋台のうどんを食べ、

冷えた体を真夏の日差しで温められたコンクリに転がり昼寝。


ある日、そこで監督は反対側から泳いできた人と正面衝突、

それが知り合いのエマートさんだったそうです。

泳いでて正面衝突なんて、お互い相当驚いたでしょう。

けれどその時、監督は自分と同じようにひとりで

周囲の気配に全く気付かないほど(?)黙々と泳ぐ、

そういうエマートさんに自分と共通する何かを感じた、と・・。

空気と水の中を行き来する、ある意味別の世界の行き来、

そこで何か別の回路が開くような感覚、

監督がよく言う「身体感覚」なのかもしれません。

日常の世界からふとつながっている別の世界への回路を開く、

「リックはそういう感覚を知っている男なんだと思った」、と

“ ごっつんこ “エピソードと共に語ってくれました。

 

( エマートさんと監督、2013 年冬、制作室にて ) 

次回の明治神宮でのカウントダウン上映会は

9月13日(土)第六番です。


いよいよ第八番の出演者がゲストとして登場、是非皆様のお越しをお待ちしてます!

(制作デスク: 石亀)

コメントは利用できません。