トピックス
ボランティアの皆さんに支えられて。

懇親会の7回目もボランティアの方に手伝っていただき、高野孝子さんと監督を堪能していただけたと思います。

上映会の終わりに、ボランティアのみなさん(ガイアシップ)には壇上へ上がっていただき感謝申し上げましたが、その上映会で影アナウンサーを担当していただいた方に、その後の懇親会も司会進行をお願いし、高野孝子さんへのインタビューや参加者からの質問やり取り、更には監督を
交えたトークショーへと流れるように展開してゆきました。

高野孝子さんと監督との最初の喫茶店での出会いで、その時高野さんがシベリアのシャーマンが使う毛皮の帽子を携えて来られたのですが、その帽子はシャーマンのパワーを秘めていたため、怖れ怖れ扱っていたそうですが、監督は見るなり「シャーマンの帽子だね!」と言って、すぐさまかぶってしまったので高野さんがあわててしまったくだりは、二人のそれぞれの表情がとても面白く楽しめました。

懇親会へ参加していただきました皆さま、手伝ってくださいましたボランティアの皆さん、ありがとうございました。

来年2月に、またお会いできますことを願っています。

(第八番担当プロデューサー・ 懇親会幹事: 恩田映三)

コメントは利用できません。