トピックス
 5/30 (土)浜松上映会「樹 共通トークショー」 

 浜松のシネマイーラは映画館も館長もユニークでした。 

館内ロビーはいくつかの本棚があり、映画関係の本がぎっしりで 

館長の映画への思いがぎっしり詰まっている感じです。

上映終了後、館長が舞台へ監督を呼び込みますが、

監督にタメ口でグイグイと突っ込みます。



館長 : 第八番を観て思うのですが、神社はいいですよね~

    近くに神社があり、よく行くんですよ。 

監督 : そうだけど何がいいの?

館長 : う~ん、なんか落ち着くというか。

監督 : それは何故か? 



(問答は続き)話しは急変して



館長 : 監督はお金持ちなんでしょ?こんなに映画作れるから。

監督 : いやいや、その正反対だよ。 

   NHKのときドキュメント番組「キャロル」の放送を巡り論争は続き、

   懲戒免職になり、一人狭いアパート暮しとなったんだから。 

館長 : 「キャロル」知ってますよ。それでも~ 

監督 : この映画がここまで作れてこられたのは、

     この映画を観てくださる観客のみなさんがいたから。

     そんなみなさんと共に奏でようと 

     「ひとコマ運動」が始まり、第八番まできた訳。 

     ところでガイアは全部観ている? 

館長 : 全部は観てないんですよ。 

監督 : だったら、ここで第七番から順に第一番までやってよ。 

館長 : 分かりました、監督。



   

 この後、サイン会を終え、監督はタバコも喫う間も無く次の会場へ。 

地元・天竜で林業に携わる二人とのトークセッションに入りました。

林業12代目の30代後半と見える方が、「第八番冒頭の伐採シーンと 

禊殿の扉の音にはびっくり。まだどんな意味なのか分かりませんが。」 

監督から「人間は木を切る生き物だ。」と言うところから始まりました。

しかし100人近い方々とあっという間の1時間でした。



最後に司会者から林業のお二人に 

「たとえ明日、世界が終わりになろうとも、今日私は、リンゴの樹を植える。」

この言葉を聞いてどう思いましたか? と投げ掛けられました。

「素直に樹木を育てることを伝えてゆきたいと思っていますが、

例えば自分の子どもに林業を伝え、引き継がせたいと思っても、 

樹木を直ぐに引き渡せる訳ではありません。

今から100年後、150年後の成長した樹木のことをイメージして 

伝えることの難しさを感じます。しかし伝えてゆきたいです。」 



 

トークセッションを終えて、今日の出会いに感謝し、 

第八番の100日後、150日後をイメージすると 

第八番の英語版を作ることかなと思いました。 



( 第八番 制作プロデューサー・恩田映三 ) 

コメントは利用できません。