第八番 制作日誌

2015年06月

06/
16

【事務所だより】5/30(土)浜松上映会

 5/30 (土)浜松上映会「樹 共通トークショー」 
 浜松のシネマイーラは映画館も館長もユニークでした。 
館内ロビーはいくつかの本棚があり、映画関係の本がぎっしりで 
館長の映画への思いがぎっしり詰まっている感じです。
上映終了後、館長が舞台へ監督を呼び込みますが、
監督にタメ口でグイグイと突っ込みます。

館長 : 第八番を観て思うのですが、神社はいいですよね~
    近くに神社があり、よく行くんですよ。 
監督 : そうだけど何がいいの?
館長 : う~ん、なんか落ち着くというか。
監督 : それは何故か? 

(問答は続き)話しは急変して

館長 : 監督はお金持ちなんでしょ?こんなに映画作れるから。
監督 : いやいや、その正反対だよ。 
   NHKのときドキュメント番組「キャロル」の放送を巡り論争は続き、
   懲戒免職になり、一人狭いアパート暮しとなったんだから。 
館長 : 「キャロル」知ってますよ。それでも~ 
監督 : この映画がここまで作れてこられたのは、
     この映画を観てくださる観客のみなさんがいたから。
     そんなみなさんと共に奏でようと 
     「ひとコマ運動」が始まり、第八番まできた訳。 
     ところでガイアは全部観ている? 
館長 : 全部は観てないんですよ。 
監督 : だったら、ここで第七番から順に第一番までやってよ。 
館長 : 分かりました、監督。

   
 この後、サイン会を終え、監督はタバコも喫う間も無く次の会場へ。 
地元・天竜で林業に携わる二人とのトークセッションに入りました。
林業12代目の30代後半と見える方が、「第八番冒頭の伐採シーンと 
禊殿の扉の音にはびっくり。まだどんな意味なのか分かりませんが。」 
監督から「人間は木を切る生き物だ。」と言うところから始まりました。
しかし100人近い方々とあっという間の1時間でした。

最後に司会者から林業のお二人に 
「たとえ明日、世界が終わりになろうとも、今日私は、リンゴの樹を植える。」
この言葉を聞いてどう思いましたか? と投げ掛けられました。
「素直に樹木を育てることを伝えてゆきたいと思っていますが、
例えば自分の子どもに林業を伝え、引き継がせたいと思っても、 
樹木を直ぐに引き渡せる訳ではありません。
今から100年後、150年後の成長した樹木のことをイメージして 
伝えることの難しさを感じます。しかし伝えてゆきたいです。」 

 
トークセッションを終えて、今日の出会いに感謝し、 
第八番の100日後、150日後をイメージすると 
第八番の英語版を作ることかなと思いました。 

( 第八番 制作プロデューサー・恩田映三 ) 
ページの先頭へ
06/
15

【事務所だより】5/30(土)静岡上映会

 5/30(土) 静岡上映会 舞台挨拶 
 5月30日、静岡ではユニークな上映でスタート。
映画館はサールナートホール静岡シネ・ギャラリー。
外観が肥沃な土壌色で優しさと重厚さを感じました。
館長はホールの向いの臨済宗・宝泰寺のご住職です。
ホールに二つのテーマ「オリジナルな文化を芽生えさせる場」と
「生命を感ずる場」のために建設されたそうです。

 午前の部は映画館としての一般的な観客で 「第八番」上映終了後に監督トークでした。
話しは今まで20数年間、ガイアシンフォニーは制作中に様々な
シンクロニシティがあり、それらに助けられながらここまで来ましたが、
第八番は制作に入ると、ネガティヴなこと(スタッフの交通事故、
監督の第2腰椎圧迫骨折や自転車転倒など)が続き、苦しい制作過程と なりました。
 しかし今回は完成してから不思議に楽しいシンクロニシティが
起き始めているのです。「苦あれば楽あり」でしょうか。

 4月のある朝、まだ人の気配がほとんどない神宮外苑の絵画館前の
銀杏並木を監督がいつもの自転車で走っていると、監督にカメラを
向けている二人連れ、横を抜けようとすると「監督!」と声をかけられ、
その二人連れは中澤宗幸・きみ子夫妻でした。
それぞれがまさかの出会いにおどろいた次第です。
暫くして、監督はいつもの理髪店へ。整髪してくれる職人さんは
ガイアシンフォニーをいつも観てくれている人で、
「先日、第八番を観てきたら、次の日に何と梅若玄祥さんが来店された のですよ!」
玄祥さんに実は龍村仁監督の髪をいつも私が切っている のですよ、と話すと
玄祥さんがびっくり。
お互いに10年以上もこの理髪店へ通っている間柄が判明しました。
今、監督はこれらが何か重要な意味を持っているのではないかと、
また第八番はまだまだこれからだ!と言う想いがあるようです。
私もこれから出会う全てのことを大切にし、
第八番の育ちを楽しみにしたいと思います。

さて午後は観客が入れ替わりますが、同じ場所でグループ「いのちの電話」の
みなさんが中心の上映会に様相は変わり、今度は上映前の監督舞台挨拶に。
「みなさん、ガイア出演者の中にも『いのちの電話』活動をしている人を
覚えていますか?」と投げかけられました。 みなさん、お分かりになりますか?
第二番のフランク・ドレイクさんです。
天文学・宇宙物理学の教授であるドレイクさんは毎日、
夜空の星を見つめながら、いろいろな想像を科学的に証明したり、
宇宙人にメッセージを送ったりしていらっしゃいますが、
それらは全て「私は、人の役に立ちたいのです。」の思いですから、
「いのちの電話」を担っていらっしゃるのも同じ思いなのでしょうね。
この二つの上映は直接的な関係はないかも知れませんが、
「なかよし」のあったかさを味あわせてもらいました。

ご住職が昼食の席を用意してくださり、同席された方が、
ガイアシンフォニー史上最大(3,000人)の上映会
(静岡大学・創立記念事業で第三番上映)を開催された
元・静岡大学副学長なのですが、「第八番」に大感激されており、
中澤きみ子さんの爪に残った黒い土の下りに涙した、と。
この話しで監督と大盛り上がりでした。が、急ぎ浜松へ移動です。

( 第八番 制作プロデューサー・恩田映三 )
ページの先頭へ