トピックス

東京・立教大学にて「第三番 星野道夫編」上映とシンポジウム「星野道夫とガイアの未来」が開催されます。 

【日時】2019年11月10日(日) 14時~17時
【会場】 立教大学 池袋キャンパス11号館地下1階 AB01教室
【参加費無料】  
【事前申込み不要】 

シンポジウム講師:
● 地球交響曲 声の出演(第一番~八番)、俳優、日本画家: 榎木孝明 氏

● 一般社団法人星つむぎの村代表、星空工房アルリシャ代表: 高橋真理子氏

● 作曲家(星野道夫オーロラストーリー)、ピアニスト:   小林真人 氏

~主催者より~
写真家の星野道夫氏が他界し既に20年以上の歳月が流れるが、星野道夫氏の写真やエッセイは今も根強い人気を保ち、彼の写真展には多くの人々が訪れる。一方、映画「ガイアシンフォニー」は、イギリスの生物物理学者ジェームズ・ラブロックの唱えるガイア理論に勇気づけられ、龍村仁監督によって制作されたドキュメンタリー映画であり、環境問題や人間の精神性に深い関心を寄せる人たちのバイブル的存在となっている。今回は映画「ガイアシンフォニー第三番」から、星野道夫氏のパートを上映し、この映画との関わりが深い榎木孝明氏、生前の星野道夫氏と関わりのあった高橋真理子氏、更には「星野道夫オーロラストーリー」を手掛けた小林真人氏をお迎えし、遺された星野道夫氏のメッセージを紐解きながら、この令和時代を迎えた現代社会における人々の生き方、ひいてはガイアの未来について考えてみたい。

★ シンポジウム詳細

【問合せ先】立教大学コミュニティ福祉学部教授 濁川孝志 nigo@rikkyo.ac.jp TEL:03-3985-7353
【主催】立教大学 ウエルネス研究所 
コメントは利用できません。