トピックス
9/13(土)第六番上映会:初登場「津波楽器によるカルテット」

於:明治神宮

 

9/13(土)の「第八番へのカウントダウン上映会」で初披露となる 

“津波楽器によるカルテット”のリハーサルが、都内某所で行われました。

奏でるのは、東日本大震災の津波にさらわれた流木たちからつくられた、

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロたち。 

中澤宗幸さんの手で、瓦礫の中から一つ一つ集められた流木たちは、

かつて人々の営みを見守ってくれていた樹々や、

家の床柱や梁に使われていた木材です。

その全てに人々の大切な記憶や思い出が宿された樹々は、

楽器となって新たないのちを吹き込まれたのです。 

それは、まだこの楽器たちが生まれたばかりのことです。

初めてヴィオラの音色を奏でたのが、皇太子殿下であり

後にチェロが生まれた時、最初に手にとったのがヨーヨー・マだそうです。 

生まれながらにそれぞれの宿命をもった、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ。 

リハーサルで初めてカルテットの音色に触れた時、

フッとなつかしい映像が脳裏をよぎりました。

コトバでは表すことのできない“時間=ハーモニー”が、そこには感じられたのです。 

そんな津波楽器たちが今回初めて、明治神宮の杜で一堂に会するのです。 

奏でるのは、中澤きみ子さん(ヴァイオリン)・須山暢大さん(ヴァイオリン)・ 

澤 和樹さん(ヴィオラ)・谷口賢記さん(チェロ)。 


大切なご奉納と共に、「第八番」の扉を開く音色となっていくことでしょう。 

是非、音を観て光を聴いてみて下さい!
 
( ラインプロデューサー: 西嶋 )  

「第六番上映会 於:明治神宮」 へのお申込みはこちら

コメントは利用できません。