アーヴィン・ラズロ博士 85歳のお誕生日に寄せて皆様へのお願い

2017年6月12日に地球交響曲第五番の出演者アーヴィン・ラズロ博士が85歳になりました。 ラズロ博士のお誕生日のお祝いのパーティで、ラズロ博士のピアノを弾いている映像を見せたいと、ブタペストクラブとラズロ博士からお願いがありました。

撮影をさせていただいたのは、2003年の3月。今から14年前になります。ラズロ博士は70歳。 撮影収録したハイビジョンテープを保管している倉庫から探し出し、編集スタジオで内容を確認、該当する撮影シーンを選び、データに変換作業を行い、ラズロ博士のお誕生日に無事お送りすることができました。

ただ、このデータ変換作業にはコストがかかってしまいました。 そこで、ラズロ博士とも相談し、未公開映像も含め、この貴重なピアノ演奏ノーカットシーンを有料公開させていただくことにいたしました。

曲は次の4曲です。
1 バルトーク – ルーマニア民俗舞曲 (5分28秒)
2 ショパン – 夜想曲第8番 変ニ長調 Op.27-2 (6分16秒)
3 ショパン – ワルツ第11番 変ト長調 Op. 70, No. 1 (1分58秒)
4 ベートーヴェン – ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2 『月光ソナタ』(6分15秒)

3曲目のショパンのワルツは、実はラズロ博士のお気に入りの曲で、撮影とは関係なく突然弾き始めたものを、カメラマンがすぐに、カメラを回したものなので、弾き始めの最初の部分は撮れていないのですが、素晴らしい演奏なので、そのまま公開いたします。 4曲めは、龍村監督からのリクエストでラズロ博士に弾いていただいた「月光」です。 第二番の出演者ジャック・マイヨールが演奏してくれた曲です。

ラズロ博士のシーンに、ジャック・マイヨールが出てくるのを覚えていらっしゃいますか? ジャック・マイヨールの住んでいたイタリアのエルバ島は、ラズロ博士のお住いのトスカーナの港から船で渡ります。 ラズロ博士の撮影は、2001年12月にエルバ島の自宅で亡くなったジャック・マイヨールの追悼の旅にもなりました。 ラズロ博士は監督の要請に応え、楽譜を見ながらの演奏でしたが、ほぼ初見で弾いてくださったにも関わらず見事な演奏でした。

ぜひとも、この未公開映像をお楽しみください。 感想やラズロ博士へのお誕生日お祝いメッセージもお待ちしています。

視聴方法

以下の2つのうち、どちらかをお選びいただけます。

  1. 下記VIMEO(映像配信サイト)に、登録の上、700円をクレジットカードまたはペイパルにてお支払いください。いつでもストリームでご覧になれます。
    https://vimeo.com/ondemand/114940
  2. 郵便振替にて、700円以上の任意のご寄付をお願いいたします。パスコードをお知らせいたします。映像は、お持ちのパソコン、スマホなどからご覧いただけます。

    郵便振替口座
    00150-2-569721 加入者名ガイアシンフォニー
    通信欄に以下のご記入をお願いいたします。
    「ラズロ寄付」「お名前」「日中のご連絡先」「パスコードを受け取ることのできるメールアドレス」