おすすめ書籍

地球交響曲第三番 魂の旅

【内容】
『地球交響曲第三番』撮影開始直前、新しい神話を探す旅に出る約束をした出演予定者、星野道夫の訃報が届く。「見えない星野を撮る」と決め、アラスカ、ハワイ、北海道へとワタリガラス神話に導かれて旅をする龍村は、星野の運命的友人達と出会う。神話の語り部ボブ・サム、宇宙物理学の巨星F・ダイソン、古代カヌーで五千キロ航海を成し遂げたN・トンプソン—。数々の“偶然の一致”が告げる「大いなる命の繋がり」とは。

角川ソフィア文庫・2007年
価格 705円(税別)

注文する

地球のささやき

【内容】
酸素も無線機も持たず一人で八千メートル級の山を登り尽くしたメスナー。古代ケルトの魂を甦らせるアイルランドの歌姫エンヤ。無限の優しさを湛えたダライ・ラマ法王……。映画「地球交響曲」の監督が、さまざまな出会いと交流のなかでえた想い、生と死、心とからだ、性、そして一人ひとりの持つ可能性をしなやかな感性で綴った「地球のいのち」のエッセイ集。

角川ソフィア文庫・2000年/解説・野中ともよ
価格 781円(税別)

注文する

地球の祈り

【内容】
ガイアの風に秘められた生命の伝言に耳を澄ませ、夢を実現する一歩を踏み出す。自分はただ、エネルギーの通り道になる。観客と共に映画を制作する「ひとコマスポンサー」運動に乗り出した『地球交響曲』―。今、私たちの奏でる21世紀の『地球交響曲』が始まる。

角川学芸出版・2008年
価格 1600円(税別)

注文する

PAGE TOP